雑誌「旅学」創刊号2007年11月27日発売! 旅学公式WEBサイト - UNDER CONSTRUCTION!

CATEGORY 編集長・池田伸 「旅学」編集部 旅学School&Lodge
BACK NUMBER

旅学vol.01

intro

« 台風と飛行機 | メイン | 秋です、旅学6号の季節です »

2009.10.10
旅学ナイト 開催します!

とうとう来週、集え旅人

『旅学ナイト!』

80人を超える日本人がインド・バラナシに渡り、ボランティアで学校を建てた!

出演:池田伸 / 堤晋一(ex.Bivattchee)
■10月23日(金) 18:30 OPEN  19:30 START
■前売 2,000円 / 当日 2,500円(共にワンドリンク別)
■場所 Cafe-Bar FREE FACTORY
東京都世田谷区北沢2-11-12パティオ下北沢3F
TEL&FAX:03-3795-3991
http://www.a-works.gr.jp/freefactory/

雑誌「旅学」からスタートしたプロジェクト「スクール&ロッヂ」の全貌を、
編集長・池田伸が映像とギャラリーを交えながら語る!インドの「今」とは?
旅学DVDにも参加した元Bivattcheeのボーカル堤晋一の
アコースティックライブも必見!!

そしてそして、インドからのスペシャルゲストも!!

出演:池田伸(旅学編集長)、堤晋一(ex、Bivattchee)
【日時】10月23日(金) 18:30 OPEN/19:30 START
【チケット】前売2,000円/当日2,500円
【予約方法】
件名に「旅学ナイト」
本文に、
1)お名前
2)人数
3)メールアドレス
4)連絡先(携帯電話)
をご記入の上、event@a-works.gr.jpまでお送りください。
折り返し、予約完了メールをお送りいたします。

※定員が限られているため、先着順となります。
※定員に達し次第、チケット販売を終了いたしますので、お早めにご予約下さい。

★池田伸(雑誌・旅学編集長)http://www.a-works.gr.jp/tabigaku/top.html
ikechan.jpg
1962年長野市生まれ。青山学院大学卒業。18歳からオートバイで旅を始める。
1992年ハーレーダビットソンンだけを扱うモーターサイクルマガジン「ホットバイクマガジンジャパン」を刊行、2005年まで編集長を務める。
2000 年、旅人による旅人のための旅マガジン『旅学』刊行。
著書にオートバイの旅の記『路上へ』、goro’s・高橋吾郎のライフストーリーを綴った『YELLOW EAGLE』、EXILEのUSAこと宇佐美吉啓との共著『DANCE EARTH』がある。

★堤晋一(ex.Bivattchee)http://www.vibirth.com/artist_detail/tutu
tutumi.JPG
1977年山口県下関市出身。広島修道大学フォークソング部で出会った4人で
『Bivattchee(ビバッチェ)』結成、1999年より本格的にライブ活動を開始。
2000年SNAIL RAMPの竹村氏率いるインディーズレーベルSchool Bus Recordsより発売されたビバッチェの1stアルバム『青いカラス』が7万枚以上のセールスを記録。
2003年ソニーミュージックよりメジャーデビューを果たす。
フジロックを初め数々の大型野外フェスにも参加。
2004年 1月にリリースされた2ndマキシシングル「桜の花が散る前に/紅茶の恋」は日本全国北から南までFM23局のパワープレイを獲得。2005年にはアニメ『交響詩編エウレカセブン』の第3期オープニングテーマにも抜擢。
高橋歩氏とは2005年、沖縄『ビーチロックハウス』にソロ出演した際に意気投合。『本と音楽』という表現を組み合わせた作品を作ろうと計画し、2006年7月に高橋歩氏の作品を堤晋一がCD化したソロ初シングル『イツモ。イツマデモ。』を発売。また2003年から故郷である下関にて仲間達と地元を音楽と夢で盛り上げようと『大巌流ロックフェスティバル』を自ら主宰。
2008年には自主レーベル『Indigo Park』を設立する等、多岐に渡る活動を精力的に展開中。
            

イベントが終わった後は、旅の話でもして、お酒でも飲みましょう。

ぜひぜひ、おいで下さい。

comment (0) | trackback (0) | By A-Works

トラックバック

Listed below are links to weblogs that reference 旅学ナイト 開催します!:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。